• 文字の大きさ
  • 普通
  • 拡大
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
グローバルナビ表示切り替えボタン

患者様の権利と責務

信頼される質の高い医療の提供を目指します。

Patient right

患者さんの権利と責務

当院は、患者さんの権利と意思を尊重し、信頼される質の高い医療を提供するために、患者さんの権利と守っていただきたい責務を定めます。
これは『リスボン宣言』に準じ作成されたものです。

患者さんの権利

  1. 患者さんには、一人の人間としてその人格、価値観などが尊重され、医療提供者との相互協力の下に、医療を受ける権利があります。
  2. 患者さんには、どなたでも、どのような病気の場合でも、必要な医療を公平に受ける権利があります。
  3. 患者さんには、病気・検査・治療・看護の内容について、理解できる言葉で十分な説明と情報を受ける権利があります。
  4. 患者さんには、十分な説明と情報を受けた上で、治療方法などを自分の意思で選ぶ権利があります。また、他医療機関の医師の意見(セカンドオピニオン)を求める権利をもっています。
  5. 患者さんには、診療の過程で得られた個人情報の秘密が守られ、病院内での私的生活を可能な限り他人にさらされず、乱されない権利があります。

患者さんの責務

  1. 患者さんには、良質な医療を実現するために、医師をはじめとする医療提供者に対し、自身の健康に関する情報を正確に提供する責務があります。
  2. 全ての患者さんが、適切な医療を受けられるようにするため、患者さんには他の患者さんの治療や病院職員の医療提供に支障を与えないよう配慮する責務があります。
  3. 患者さんには、医療提供者の指導と協力を真摯に受け止め、自らの健康の回復、維持、および増進に積極的に取り組む責務があります。
  4. 患者さんには、現在の医療では100%の安全は保証されないことを理解し、自らも可能な範囲で自らの安全確保に配慮する責務があります。

平成20年7月17日 制定
平成30年8月6日 改正
平鹿総合病院