• 文字の大きさ
  • 普通
  • 拡大
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
グローバルナビ表示切り替えボタン

副院長・看護部長挨拶

副院長・看護部長挨拶


副院長・看護部長挨拶    佐藤 京子

 当院は超急性期・急性期・回復期の機能を持ち、ハイケアユニット、7対1看護配置病棟と地域包括病棟の体制を取っております。県南の中核病院として、心疾患・脳血管疾患・周産期医療・NICUなど急性期医療を担うとともに、患者さんが安心して住み慣れた地域で暮らすことが出来るよう入退院支援センターを立ち上げ、入院から退院支援まで医療と看護が連携し、地域の皆様の健康とくらしを支援しております。
 看護部では、「患者さんが気持ちよく、そして自分も気持ちよく」の理念のもと、2人の看護師がペアとなり看護の責任を自覚し、共に学び合いお互いを尊重できるパートナーシップナーシングシステムを導入し、患者さんの視点に立った安全で安心のできる質の高い看護の提供に向け、努力しております。
また、働く自分たちもフレッシュナースから若いパワーをもらい、活き活きとした働きやすい職場環境を作っていこうと頑張っております。